留学生が筏一本乗りに挑戦! ~国際留学生会館から~

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 留学生が筏一本乗りに挑戦! ~国際留学生会館から~
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

名古屋市港区にある国際留学生会館は、地域の人々との交流を大切にしています。会館在住の留学生たちは、地元のウォーキング大会や名古屋港水族館での避難訓練、季節の祭りなどに参加し、大学生活だけでなく地域に密着した生活を楽しんでいます。
7月には港区最大の行事「海の日 名古屋みなと祭」が開催され、花火大会をはじめとするさまざまなイベントが盛大に行われました。

 そのなかで会館の留学生が毎年楽しみにしているものに、「筏一本乗り」があります。これは、海面に浮かぶ不安定な丸太や角材の上を、名古屋港の「筏師」たちが軽快に曲乗りするなど高度な技を披露してくれるものです。会館の留学生たちは毎年、この一本乗りに特別参加させてもらっています。今年挑戦した留学生は12名。一本乗りは難しいため二本つなげた筏に乗りました。それでもバランスをとるのが難しく、水に落ちる学生が続出。見物客たちを大いに沸かせていました。

落ちてもあきらめずになんども挑戦する留学生たち。

 夜には現在入居中の留学生のほか元入居者など約80 名が集まり、会館のテラスで花火大会を鑑賞しながら恒例の「流しそうめん」を楽しみました。どちらも初体験という学生も多く、会館ならではの日本の夏の風物詩を味わった一日となったようです。

流しそうめんと花火鑑賞で風流な夏を体験しました。

国際留学生会館とは…
NICが2001年から管理・運営している、名古屋市港区にある留学生専用の宿泊施設。居室90室のほか、研修室や和室、体育室などを備え、100名の留学生が生活できる。日本文化理解講座の開催や各種相談・情報提供、地域住民との交流などを行っている。

Latest Topics



国際交流ウォーキング

国際交流ウォーキング

【申込期間:10月21日(土) 10:00~ 先着順】 日時:2017年11月18日(土) [詳細はこちら]



外国語で楽しむ絵本の会

外国語で楽しむ絵本の会

外国人ボランティアによる外国語の絵本の読み聞かせを開催します。 [詳細はこちら]