はがき1枚からできる国際協力

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - はがき1枚からできる国際協力
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

terakoya_h

世界寺子屋運動

“世界寺子屋運動”は、国際識字年(1990年)をきっかけに、(公社)日本ユネスコ協会連盟によって始められた運動で、読み書きのできない人々への「学びの場=寺子屋」の普及を通して、相互理解と国際協力を進めていくことを目的としています。名古屋国際センターは、この趣旨に賛同し、“世界寺子屋運動”名古屋実行委員会の事務局として、世界寺子屋運動の推進のため活動しています。

 

書き損じはがきキャンペーン~いつでも、だれでも一枚のはがきからできる国際協力

書き間違えてしまった、汚れてしまった、印刷しすぎて余ってしまった、古くなってしまった・・・そんなはがきや年賀状を国際協力に役立てませんか?“世界寺子屋運動”名古屋実行委員会では、このような書き損じはがき(ポストに投函していないはがきに限ります。)を集め、世界の読み書き計算ができない人々への識字教育支援をおこなっています。

カンボジアでは、書き損じはがき11枚で1人の人が1カ月間学校に通うことができます。

1枚でも多くのご協力をお待ちしています。

書き損じはがきキャンペーン リーフレット(PDF)

 

キャンペーンの流れ

①みなさまから書き損じはがきをご寄付いただきます。
(黄色い書き損じはがき回収箱に入れていただくか、名古屋国際センターまでご持参またはご郵送ください。)

※住所や氏名などの個人情報は、ペンなどで塗りつぶすなどしてから、ご寄付ください。

②名古屋国際センターの国際協力ボランティアがはがきを仕分けします。

③郵便局で切手や新しいはがきに交換します。

④切手やはがきを企業や協力団体に購入してもらい、資金化します。

⑤(公社)日本ユネスコ協会連盟に送金し、現地の識字教育を支援します。

 

2017年度 ブース出展の予定

会場では、寺子屋クイズや書き損じはがきの回収を行っています。是非お立ち寄りください!

   この他にも、出展を予定しております。詳細が決まり次第、情報を更新いたします。

・2017年4月22日(土)第88回愛知県中央メーデー&2017名古屋地協メーデーフェスティバル

  会場:久屋大通公園・久屋広場

   当日は多くの方にブースにお立ち寄りいただきました。ありがとうございました。

 

 

資料

2015年度活動報告(PDF)

2014年度活動報告(PDF)

2013年度活動報告(PDF)

これまでの支援状況(PDF)

ご寄付いただいた書き損じはがきの枚数(PDF)

 

参考

(公社)日本ユネスコ協会連盟のHPはこちら   http://www.unesco.or.jp/

 

お問合せ~“世界寺子屋運動”に興味・関心のある方は、お気軽にご連絡ください。~

名古屋国際センター 交流協力課内
“世界寺子屋運動”名古屋実行委員会
TEL:052-581-5691/FAX:052-581-5629
メール:koryu@nic-nagoya.or.jp

 

書き損じはがきの送付先

〒450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
名古屋国際センタービル 4階
(公財)名古屋国際センター 交流協力課内
“世界寺子屋運動”名古屋実行委員会

Latest Topics



NIC日本語の会

NIC日本語の会

NIC日本語の会の申込は2018年1月7日(日)11:00~11:30です。 [詳細はこちら]



NIC NEWS 2017年12・2018年1月号

NIC NEWS 2017年12・2018年1月号

《特集》生活者を支える通訳 ~コミュニティ通訳の仕事~ [詳細はこちら]