NIC30周年に寄せて

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - NIC30周年に寄せて
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

昨年の「秋の日帰りバスツアー」で、奈良・法隆寺にて
昨年の「秋の日帰りバスツアー」で、奈良・法隆寺にて

●NIC30周年に寄せて●

国際留学生会館在住の留学生を支援する会 会長 佐藤 友保

 

名古屋国際センター設立30周年を迎えられ、誠におめでとうございます。私ども「国際留学生会館在住の留学生を支援する会」(以下「支援する会」 )は、平成 2年の会館設立と同時に発足し、今年で24年を迎えます。私は当初から理事として関わらせていただき、現在、会長を仰せつかっています。

「支援する会」では毎年、留学生に日本の文化や風習を学んでいただく様々な事業を会館事務局のご協力のもと実施しています。その最も大きなイベントとしては、京都や奈良、飛騨高山をはじめ名所旧跡を訪ねる「秋の日帰りバスツアー」が挙げられます。日本の伝統工芸や食文化に直に触れられる機会として、これまで友禅染や組み紐、扇子の絵付け、でんでん太鼓づくり、そば打ち体験、和菓子の「八つ橋」づくり、陶器の絵付けなどの「体験学習」も取り入れてきました。彼らが自らの手で仕上げた「世界で唯一の作品」は、旅行の楽しい思い出として大変好評です。

また、会館の留学生が講師を務める外国語講座や、地元町内会や地域の各種団体との交流会などを通じて、地域住民の皆さまと留学生との交流促進に努めるほか、会館の各種事業への協賛・支援を行っています。
最近では、この中部地域で世界に誇るトヨタ自動車の製造工場の見学を通じて、日本の工業技術に関心をもっていただきました。学業を修了後に日本で就職を希望する留学生のために、就職支援事業の一環として今年 1月に会館主催の「外国人留学生就職支援セミナー」が開催されましたが、「支援する会」としましては、こうした研修事業にも支援の拡大・発展につなげていきたいと思います。

「支援する会」の使命は、留学生と我々日本人との友好の絆を少しでも強くしていくことであると改めて認識するとともに、「支援する会」会員の皆さまや関係各位の方々のご支援・ご理解をいただきながら、その使命を実現できるようこれからも努めてまいりたいと思います。

最後に、貴財団と貴誌のますますのご発展をご祈念申し上げます。

「支援する会」では、会員を募集しています。詳しくは「国際留学生会館在住の留学生を支援する会」事務局(国際留学生会館 TEL 052-654-3511)までお問い合わせください。