「ものづくり文化の道」のいいとこ探し隊 ~留学生による名古屋の魅力発見!

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 「ものづくり文化の道」のいいとこ探し隊 ~留学生による名古屋の魅力発見!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

古い町並みを散策中の留学生たち
古い町並みを散策中の留学生たち

8月1日(土)、西区役所主催の「『ものづくり文化の道』のいいとこ探し隊」に、国際留学生会館の留学生7名が参加しました。
これは、名古屋の伝統文化・産業が今なお色濃く残る名古屋城の西地域を「ものづくり文化の道」と呼び、「歩く」「見つける」「体験する」ことを通じて同地域の魅力を知ってもらい、今後の「ものづくり文化の道」のPRに役立てることを目的に実施されたものです。参加した留学生たちは浴衣に着替え、四間道(しけみち)や円頓寺(えんどうじ)界隈などを散策したり、円頓寺商店街「ふれあい館」に設置された「ものづくり文化の館」*で、名古屋友禅のマーブル染め、大正琴、レザークラフトづくりなどを楽しみました。
留学生からは「伝統的な日本の文化を体験できて楽しかった」、「母国にはない古い建物は大変興味深かった」などの意見が寄せられ、外国人の視点による西区の町の魅力として、「まち歩きマップ」の発行やホームページ等による地域観光の情報発信に役立てられます。
留学生にとっても、普段は触れる機会の少ない名古屋の歴史文化に浸ることのできた一日となりました。

レザークラフトづくり体験
レザークラフトづくり体験

*ものづくりの職人の技を間近で見ることができるだけでなく、実際に体験できる企画。毎年、円頓寺七夕まつりや西区区民まつりに出展するほか、各所のイベント会場で実施されている。