トリノで名古屋をPR!「名古屋デー」

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - トリノで名古屋をPR!「名古屋デー」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

姉妹友好都市の広場

2015年、名古屋市はトリノ市との姉妹都市提携10周年を迎えました。
今回の「姉妹友好都市の広場」は、8月2日にトリノで開催した名古屋PRイベント「名古屋デー」の様子をご紹介します。

ステージの様子
ステージの様子

 

8月2日(日)、イタリア・トリノ市内のカリニャーノ広場で、名古屋PRイベント「名古屋デー」を開催しました。「ESPERIENZA NAGOYA(名古屋を体験しよう)」をコンセプトに、ステージやワークショップ、なごやめしの試食など盛りだくさんの内容で、8,000人の来場者に姉妹都市名古屋の魅力をPRしました。
イベント冒頭のオープニングセレモニーでは、「友」と書かれた有松・鳴海絞りの布に、名古屋市の河村市長とトリノ市のブラッチャラルゲ副市長がそれぞれサインを入れ、両市の友好の絆をアピールしました。
セレモニーに続くステージでは、名古屋おもてなし武将隊によるサムライパフォーマンスや、名古屋のパフォーマーによる伝統芸能の披露などを行いました。
また、会場内のブースでは、名古屋の職人とトリノ在住ボランティアの共同運営により、絞り染め・書道・折り紙・着物・甲冑を体験できるワークショップを開催。どのコーナーもお客さんが絶えず、大盛況でした。
そして、名古屋の魅力と言えば、何と言っても「なごやめし」。きしめん・天むす・手羽先をトリノの人々に振る舞いました。受付に長蛇の列ができるほどの人気ぶりで、試食した人からは「Buono!(おいしい!)」との声が多く聞かれました。
会場では、名古屋から来たパフォーマーや職人が、来場者と交流を楽しむ姿も多く見られました。姉妹都市提携10周年を記念して開催したこの「名古屋デー」を通じて、両市の友好関係が一層深まりました。

 

日本文化体験ワークショップ
日本文化体験ワークショップ