多言語による情報提供や相談

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 多言語による情報提供や相談
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

★情報サービスコーナー
情報カウンターで問合せや相談に応じているほか、インフォメーションボード、外国語放送などでタイムリーな情報提供を行っています。生活情報などのほか、国際交流・協力に関する疑問にお答えしています。
外国人の方に・・・日常の生活情報の提供や観光案内などを、英語・中国語・ハングル・スペイン語・ポルトガル語・フィリピノ語・ベトナム語により行っています。多言語対応時間などの詳細はこちらから。

 

外国人向け相談

  •  外国人行政相談
    在住外国人が日々遭遇する問題について、行政経験豊富な専門相談員が6カ国語の通訳で相談をお受けしています。相談は無料です。また、トリオフォン(3者 通話システム【052-581-6112】)を利用して、区役所などで外国人からの電話相談の通訳サービスも行います。
  •  外国人法律相談
    結婚・離婚、在留資格や労働問題等、日本で生活する上で生ずる法律問題について、弁護士による専門相談を4カ国語の通訳で、毎週土曜日に行っています。相談は無料、予約制です。
  •  外国人こころの相談
    外 国人が日本で暮らす中で生じるさまざまな不安や悩みなどを解消する手助けをするため、カウンセラーによるこころの相談を行っています。カウンセラーはそれ ぞれの国で資格、経験のある中部地域在住の外国人で、通訳を介さず、相談に当たります。相談は無料、相談日時は相談者とカウンセラーの予定を調整して決め ます。

海外児童生徒教育相談
海 外勤務に伴うお子様の教育・生活問題について、情報提供と相談を行っています。出国時については、渡航先の教育事情、編入学、学習・生活指導、日本の教科 書の給付申請方法等、帰国時については編入学、受入れ校、進学、適応教育、日本語の勉強、外国語の保持等の情報を提供しています。
また、外国籍の子どもの教育に関する相談にも応じています。

 

★難民定住者等の相談窓口

外 務省の外郭団体である公益財団法人アジア福祉教育財団難民事業本部(以下「難民事業本部」)による、インドシナ難民定住者及び条約難民、難民認定申請者 等のための相談を実施しています。難民事業本部の相談員が、難民定住者からの生活相談や難民認定申請者からの保護措置に関する相談に応じます。

 


情報誌の発行

  • NIC NEWS(ニック・ニュース、日本語、隔月刊)
    -国際センターの活動紹介と、国際交流・協力に関する情報誌です。区役所、図書館、生涯学習センター等で入手できます。
  • NAGOYA CALENDAR(英語版・ポルトガル語版、月刊)
    -外国人を対象にこの地域のイベント・生活情報など を紹介する情報誌です。

 


ライブラリー
世界の国や地域を紹介する図書・資料・地図・ビデオや 、ニュースを伝える海外の新聞・雑誌、国際交流団体の機関紙、外国語の小説などが閲覧できるほか、図書貸し出しも行っています。

 

留学ガイダンス
留学を検討中、あるいは留学に関心を持つ方々のために、留学先の教育制度や留学生の受入れ状況等の情報提供するガイダンスを実施します。