ニック・ニュース2016年8・9月号 モニターアンケート

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - ニック・ニュース2016年8・9月号 モニターアンケート
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

NN1608-09-H

8・9月号の内容はこちら

*** ニックニュース読者モニターの方々からよせられたコメントを掲載します*** 

Ⅰ P1~5の特集『スポーツからつながる世界』について感想をお教えください。

  • とても納得のいく記事でした。今年は特にロシアチームが国をあげてドーピングに汚染され、本来のスポーツの意義や意味を誰もが今一度考えなおすことになったと思います。オリンピックに利権がかからないといえばうそになりますが、スポーツを通じて世界が平和になることを心から祈りたいです。
  • オリンピックのみならず、スポーツを通したふれあいは、人間同士のコミュニケーションの原点でもあると思う。スポーツのみならず、様々な機会を通じ国の壁がなくなり平和にもつながれば良いと思いました。
  • ピクトグラムが初めて導入されたのが東京五輪だったとは知らなかった。このアイデアは、競技施設だけでなく、街のあらゆる場所で応用可能だと思う。
  • 連日、オリンピックで盛り上がっている時なので、いつも以上にスポーツの記事に関心を持ち楽しく読むことができました。
  • ちょうどオリンピックシーズンの特集で、興味を持ちました。ピクトグラムが東京オリンピックで導入されたのは知りませんでした。改めて、良いアイデアだと思いました。
  • オリンピックの簡単な流れが書かれており、これは知らないこともありとてもよかった。
  • オリンピックの話題だけではなく、名古屋近辺におけるスポーツを通じた国際交流の実例が紹介されており、説得力があった。オリンピックに関しては決して良い面ばかりを見るわけにはいかないが、地元で開催されている草の根の取り組みにはスポーツの持つ力を感じることができた。
  • スポーツについて書かれており、この夏はオリンピックがあったので、いろいろとスポーツをやりたい気持ちになりました。スポーツは世界とのつながりができると思います。例えば、モンゴル出身の力士が日本で活躍しています。そのため、モンゴル人は日本のことに興味を持ち、よく知っています。日本は柔道が強い国なので、ぜひ私の国でも見習いたいです。
  • スポーツの力が大きいこと。障がい者スポーツにも触れていてわかりやすく、新しい情報が得られた。少しありきたりな内容である印象も。

Ⅱ 今月号の記事について

【特集】

  • シティハンディマラソンのことを初めて知りました。せっかくの記事なのに、いつ今年は開催かや場所が載っていませんでした。記事が良かっただけに少し残念でした。
    ⇒各取材先の大会の開催情報はP5にまとめて掲載しましたが、分かりづらく申し訳ありません。紙面レイアウトについて、今後の参考にさせて頂きます。
  • 特集記事で、オリンピックの記事がありましたが、ちょうどオリンピックが開催されていたので、勉強になりました。また、3ページの記事も気になりました。障害を持つ人たちにとっても、このような国際交流の機会があるのは良いと思います。留学生と日本人学生の交流の機会の国際交流スポーツ大会の記事の下のインタビューがありましたが、参加者の日本人からの感想の掲載があるといいと思いました。日本人もどうしてここに参加しているかなど、いろいろと気になります。

【姜尚中氏 講演会】

  • 姜尚中氏の講演会は報告を期待していたので、今回このように特集していただきよかった。また、講演の記録がPDFで読めるようになっていたのもよかった。

【書き損じはがき】

  • 誰かが寄付している話をきくと、自分もやってみよう、自分にもできるんじゃないかと寄付をより身近に感じることができて良いと思います。

【姉妹友好都市の広場】

  • 何とも平和で、可愛い動物の写真にも心和みます。子供にも伝えやすい友好都市の交流ですね。
  • 東山動物園のシャバー二が近々映画のポスターにも登場すると聞いた。このような有名“人”が近くにいて大変光栄です。
  • シャバー二の知らなかった生い立ち情報が紹介されており、興味深かった。姉妹友好都市とは様々な形で交流していることがよくわかった。

【名古屋市在住外国人人口】

  • 名古屋市には、7万人もの外国人の方が住居されている事の多さに驚いた。7万人といえば地方都市の人口にも匹敵する人口で、コミュニケーションなど意志の疎通がいかに図られるかが重要だと思いました。

【国際協力の窓】

  • スーダンの取り組みで、ミニクロワッサンというアイデアが地元の人に好評だったという話が興味深かった。日本では当たり前のものが当たり前ではなく、だからこそ国を超えて協力し合うことの必要性を感じた。

【NICレポート】

  • NICレポートでは、アンケートの集計結果を客観的なデータで示されていて説得力があった。この結果を受けて、行政だけでなく、市民や民間(企業等)がどうしていくか、今後に活かしていきたいですね。

 

Ⅲ その他

  • 多文化共生社会の実現に向けて(下)で掲載されているようなアンケートで、現状の把握を行うことは大変大事なことであると思いました。
  • 外国から来て名古屋で活躍するスポーツ選手、あるいは、民族の芸能を広める動きなど。
  • スポーツからつながる世界もとても良かったです。ブラジルでは柔道をしている人たちが200万人位(日本は16万人位)たしか…。外国に日本の武道が伝わり、貧困層の子どもたちが柔道などで生活をたちあげ活力をもらい生きていく様を先日TVで拝見しました。とても心に響きました。日本は世も末か大人も子供もアプリゲームに夢中で平和ボケしているとしかいえない現状があります。貴誌において、世界で貧しくてもがんばっているこどもたちの記事をこれからもどんどん掲載してほしいです。
  • NICPAGEで各種の広報関連が記載されており、興味があります。
  • 世界のレシピがカラーでとても美味しそう。食欲をそそります。
  • 愛知県で外国人と日本人が交流する機会を作っている方々の記事をもっと読んでみたいです。何がきっかけで交流する機会を作ろうと活動を開始されたのか興味があります。外国人市民アンケート調査に「日本語を学ぶ機会を増やす必要がある」という意見がありますが、実際には多くのボランティア日本語教室があると思います。ボランティア教室の存在を知らない方が多いのか、ボランティア教室の授業が合わなかったなど、地域ボランティア日本語教室への感想をきいてみたいです。
  • 今回、名古屋に住む外国人に対するアンケート結果が簡単に紹介されていたが、その詳細について特集があるとよいと思う。特に、より住みやすい街になるために必要なことがいくつかあがっていたがそれらの声について市としてどう向き合っていくのか、行政側の考えが知りたいと思った。
  • スポーツの記事がいろいろとあったのでスポーツをやりたくなりました。また、国際協力の窓、JICAの話も勉強になりました。
  • 全体的に文字が多く、忙しい人が読むには少し負担。例えば、キーフレーズだけ太字にしたり、大きく書いたり(色を変えたり)工夫するとより読みやすいし、楽しく読めると思います。

Latest Topics



名古屋国際センター登録ボランティア募集

名古屋国際センター登録ボランティア募集

登録期間:平成31年4月1日から1年間 [詳細はこちら]


日本語ボランティアシンポジウム2018

日本語ボランティアシンポジウム2018

「増え続ける外国人~どうする?わたしたちの日本語教室~」 [詳細はこちら]


【報告】名古屋・南京友好都市提携40周年記念事業

【報告】名古屋・南京友好都市提携40周年記念事業

「你好!NICで中国カルチャー体験」を、10月14日(日)に開催しました。 [詳細はこちら]