通訳・翻訳ボランティアの申込みについて

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 通訳・翻訳ボランティアの申込みについて
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Digg

名古屋国際センターでは、外国人市民や観光客を言語面で支援するため、NIC登録ボランティアの協力に より、通訳及び翻訳の申込みを受け付けています。依頼をご希望の方は、以下の内容をお読みになった上で、交流協力課 ボランティア担当までお問い合わせください。 ただし、依頼内容また日程等によっては、お引受けできないこともありますので、ご了承ください。

1 通訳・翻訳可能な言語
英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、ハングル、ベトナム語、インドネシア語など

2 依頼できる方
①非営利団体
②公共機関
③個人

3 通訳・翻訳できる内容
通訳・・・在住外国人の生活支援における通訳や、国際交流イベントなどでの通訳を行います。
翻訳・・・国際交流イベントのちらしや、手紙(私信)、保育園などの保護者会の連絡事項など、
平易な日本語で書かれた資料の翻訳を行います。分量は、A4紙1枚以内です。
主な例

4 申込期限
通訳・・・派遣日の2週間前(複数名派遣の場合は1か月前)
翻訳・・・完成希望日の2週間前

5 依頼者負担経費

通訳 – 交通費:ボランティア一人あたり1,000円もしくは、それを超える場合は実費。
    -  活動にかかる経費:食事代、入場料、移動費など
翻訳 – 郵送料実費(切手可) *依頼者・ボランティア双方が、FAXもしくはEメールが使用可能な場合は不要です。
6 利用の流れ
通訳翻訳 (PDF)

7 派遣にあたって
「ボランティア制度をご利用いただく前に」の内容を理解した上で、お申し込みください。

  • ボランティアであることを踏まえ、依頼内容に含まれていない協力を要請することのないように ご配慮ください。
  • ボランティアの通訳・翻訳活動内容から生じるトラブルについては、ボランティア及び当センターは一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。
  • 医療機関への派遣につきましては、派遣前に以下の注意事項をお読みください。
  • 「医療現場での通訳に関する注意事項」●
    通訳をするのは、名古屋国際センター登録の語学ボランティアです。医学について専門的な知識や用語を習得しているわけではありません。専門用語はなるべく噛み砕き、ゆっくりと間をとりながら、通訳しやすいようにお話しください。 また、高度な専門用語が必要で、正確で十分な情報伝達が求められる場面やボランティアの精神的な負担がかかる場面、治療・入院費の未払い等の金銭的な相談・交渉における場面などでの通訳はお断りしておりますので、あらかじめご了承ください。 なお、ボランティア派遣時の通訳上のトラブルについては、当センター及びボランティアは一切責任を負いません。
  • 語学ボランティア制度ご利用後は、アンケートにご協力ください。

■8 よくあるご質問

■9 お問い合わせ・お申し込み
公益財団法人名古屋国際センター 交流協力課 多文化共生 ボランティア担当

  • 火曜日~日曜日  10時00分 ~ 17時00分 (毎週月曜日は休館日です)
  • TEL 052-581-5689 FAX 052-581-5629
  • E-mail vol@nic-nagoya.or.jp