名古屋国際センターNIC

こんなときはナビ

色の変更

文字サイズ

こんなときはナビ

こんなときは?ナビ

施設を借りたい

施設を
借りたい

NICの活動に関わりたい

NICの活動に
関わりたい

外国語を勉強したい

外国語を
勉強したい

イベントに参加したい

イベントに
参加したい

国際留学生会館

名古屋での留学生活を終えるにあたって

2013.10.26

この秋に1年間の留学生活を終え、国際留学生会館(以下、ISC)を去る愛知県立大学の留学生お二人に感想を聞きました。

<ヤシンさん(左)とトムさん(その右隣)>

●ドイツのライプツィヒ出身のトム・ベールマンさんISC1

留学中に多くの友人ができました。ISCでのお気に入りのソーシャルルームでは、仲間と一緒に料理を作ってパーティをしたり、テラスで野菜を作りました。ドイツでは実際に日本語を話す機会もなかったため、来日当初は正直言ってとても不安で、地下鉄の切符を自販機で買うことさえ苦労していました。日本に来てから徐々に本当の日本語に触れることができたのも、ISCで暮らしたおかげです。
忘れられない思い出は、ISCのチューターを務めたことです。在館の留学生たちのリーダーの一人としてISCの運営にも携われたことで、留学生活にも弾みがつきました。予期せぬ出来事が多いなかでも、無事にリーダーシップを発揮することができたのは、ISCの同じ留学生や職員の皆さんの協力があったからこそと思います。多岐にわたる貴重な体験がやがて実を結ぶものと信じています。留学生活の一つひとつの思い出は、私の一生の宝物です。

●フランス・ブルターニュ地方の港町ロリアン出身のヤシン・ユハットさんISC2

1年間の留学生活を終え、時間の過ぎ去る早さに信じられない思いです。名古屋城の紅葉や街の雪化粧、鶴舞公園の桜、高温多湿な夏など、四季折々の美しさを体感できました。ISCはまさに自分の「家」となり、日本の地域社会に溶け込むことができた証です。
ISCは留学生にとって最適で、恵まれた環境です。暮らしやすさだけではなく、多彩な交流イベントは仲間をつくる絶好の機会となりました。 私の留学生活にとって思わぬプレゼントとなった出来事は、講師を務めた『フランス語おしゃべりサロン』で、市民の方たちと直接触れ合うことができたことです。皆さんのおかげで、忘れられない留学生活となりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

*  *  *

ISCを離れる留学生の皆さん、一人ひとりが様々な思い出を置き土産として残していってくれます。毎年この時期は留学生たちの入退去が行われ、新たな留学生を迎える一方、親しんだ留学生を送り出す事務局職員にとっても、大変感慨深い季節でもあります。

NICからのお知らせ

お問い合わせ

Copyright © Nagoya International Center All rights reserved.