名古屋国際センターNIC

こんなときはナビ

色の変更

文字サイズ

こんなときはナビ

こんなときは?ナビ

ボランティアがしたい

ボランティアが
したい

施設を借りたい

施設を
借りたい

NICの活動に関わりたい

NICの活動に
関わりたい

外国語を勉強したい

外国語を
勉強したい

イベントに参加したい

イベントに
参加したい

イベント情報

5月以降のこの地域のイベント

2021.05.07

★ 企画展・パネル展「Story of the Pacific Islands」
独立行政法人国際協力機構中部センター(JICA中部)

太平洋に浮かぶたくさんの島々。真っ青な空と透き通った海、豊かな自然に恵まれたまさに楽園。しかしその裏では、自然災害や気候変動への対応など困難と直面しています。JICAは日本の知見を活かしながら、日本と同じ海に生きるパートナーの発展に協力をしています。三重県志摩市にて第9回太平洋・島サミットが開催予定の今年、太平洋の島々の現状と魅力を発信いたします!
【企画展】
1階では、パラオ、トンガ、フィジーの3か国にスポットを当て、JICAが行う防災やエネルギーの普及などのプロジェクトの紹介や、JICA海外協力隊の活動を紹介しています。

【パネル展】
2階のパネル展コーナーでは、JICAが拠点を持つサモア、ソロモン、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア連邦、トンガの9ヵ国についてご紹介しています。中部地域出身のJICA海外協力隊や中部地域での留学経験のあるJICA長期研修員が、それぞれの国の暮らしや文化を紹介いたします!パネルの中に散りばめられているそれぞれの国に関するクイズや写真を通して、まだまだ知られていない魅力について楽しく学ぶことができます。

日時:3月11日(木)~7月11日(日) 10:00~17:00(※現在開館時間を 短縮しています。)
場所:JICA中部なごや地球ひろば(中村区平池町4丁目60-7)
対象:一般
参加費:無料
申込:不要
問合せ:JICA中部なごや地球ひろば TEL:052-533-0121 
✉ jicacbic-annainin2@jica.go.jp 


★2021 年度 日本語教育学会春季大会 一般公開プログラム オンライン開催
(無料・事前申込不要)根を深くはり、梢を見上げる 日本語教育の樹よ育て

このプログラムでは、学会の活動範囲を象徴的に描く樹形図を示した後で、登壇者がひとりひとり、日本語教育研究・実践に持つ目的と夢を語ります。

主催:日本語教育学会 調査研究推進委員会
登壇者
神吉 宇一氏 武蔵野大学日本語教育学会副会長
金 孝卿氏  早稲田大学
嶋田 和子氏 アクラス日本語教育研究所代表理事
砂川 裕一氏 群馬大学名誉教授
土井 佳彦氏 日本福祉大学
藤森 弘子氏 帝京大学、東京外国語大学名誉教授 

日時: 2021年5月22日(土)10:00~12:00 オンライン開催
定員: 1,000名(先着順)無料・事前申込不要
問合先:公益社団法人 日本語教育学会
    〒101-0065 東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会2F
    TEL: 03-3262-4291 E-mail: office@nkg.or.jp

URL:  http://www.nkg.or.jp/pdf/2021springspecial.pdf


★「世界フェアトレード・デー・なごや2021」コーヒーサミット
主催: 世界フェアトレード・デー・なごや実行委員会
共催: 名城公園フラワープラザ 後援: 名古屋国際センター、他多数

生産地とのつながりを育む美味しいコーヒーの飲みくらべイベント「コーヒー・サミット」を今年も開催します。他にも人・環境・社会に優しい温もりあふれる品々が集まる「フェアトレード・マルシェ」を行います。更に今回は新たな取り組みとして、出店者によるトーク、音楽演奏やパフォーマンス等をオンラインにて配信します。
なごやのフェアトレードの輪を全国に広げていきます!

<イベント概要>
会期:2021年5月8日(土)10:00~17:00
時間:10:00~17:00(雨天決行)
会場:名城公園tonarino(トナリノ)・フラワープラザ周辺
来場予定数:4,000名(昨年実績3,000名)
※イベントを一緒に盛り上げてくださる実行委員も常に募集中です。 

参加費:無料(一部有料 詳しくはウェブサイトfairtrade-nagoya.com

ご覧ください)
問合:鈴木日奈子 Tel 080-1622-0427

e-mail: ftnagoya.marche@gmail.com


★バディ・セミナー 初級編「あなたも外国人の仲間/相棒になって多文化共生社会実現へ!」

バディシステムとは、地域の外国の人と、地域住民を繋ぎ、そこから生まれる双
方向のかかわり、他方向のつながりを共に意識して、ちょっとしたおせっかいを
する関係を、構築していくしくみです。このセミナーでは、地域に住む外国人の仲
間や相棒になる方法を学び、多文化共生社会実現について考えるきっかけを学
びます。
どなたでも参加可能です!皆様のご参加を心よりお待ちしております。

◆日時:【全3回シリーズ】2021年5月8日(土曜)、5月22日(土曜)、6月5日(土曜)13:30~15:00
◆場所:オンライン(Zoom)
◆対象:一般
◆定員: 300名(先着順・要予約)
◆参加費:無料
◆申込:セミナー詳細、申し込みについてはこちらをご参照ください。締切:5月5日(水)まで
 https://www.jica.go.jp/chubu/event/2021/20210508_01.html
◆問合せ:事務局(有限会社人の森)吉川      
  ✉:baddysem2021@gmail.com


JICA海外協力隊 2021年春募集向け 会場型募集説明会

JICA海外協力隊2021年春募集が520日から応募受付開始予定です。それに伴い、JICA中部で会場型募集説明会を実施します。応募を検討されている方だけでなく、協力隊に興味がある、協力隊について詳しく知りたいという方も是非ご参加ください。 説明会は予約なしでもご参加いただけますが、席に限りがございますので事前予約をおすすめします。JICA海外協力隊特設ページにて参加予約可能ですので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

◆日時:530日(日)1000120013001500、16001800

◆場所:JICA中部 2階セミナールーム(名古屋市中村区平池町4丁目60-7

◆対象: JICA海外協力隊への応募を検討されている方、将来の応募を検討している方

◆定員: 50

◆参加費:無料

◆申込:JICA海外協力隊特設ページより、北陸・中部を選択。日程をご確認の上「予約する」をクリックしていただき、説明会情報・予約ページにご登録下さい。https://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/place/index.html

◆問合せ:JICA中部 市民参加協力課 都筑 TEL:052-533-0120 ✉:Tsuzuku-Shinya@jica.go.jp


★ アンディ先生と一緒に遊ぼう!学ぼう!北欧の自然環境教育

共育講座市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

<屋外実習>

企画運営者:森のムッレあいち

講座概要

北欧スウェーデンで生まれた自然環境教育プログラム「森のムッレ教室」

です。自然の中で楽しく遊びながら自然に興味をもち、自然を好きになる。

そしてエコロジーの基盤を築き、自然感覚を育むことを目的にしています。

名古屋市近郊の自然豊かな場所で、スウェーデン出身の英語の先生でムッレリーダーのアンディ先生と英語を交えて学びます。

Check!

受講対象:保護者同伴必須。汚れてもいい服装でお越しください。雨天時中止。詳細は個別にご案内をお送りします。

  • 受講対象親子/対象年齢:小学校低学年とその保護者の方
  • 受講料:500
  • 定員:16
  • 個別受講可:子どもOK!
  • 日程 2021530() 10:0011:30
  • 会場: 東山の森(千種区)
  • 講演: 出かけよう!ムッレの森へ 「ムッレってなあに?」北欧の自然教育を親子で遊んで学ぼう!英語もついでに学んじゃおう!
  • 講師:ルンドベリ アンドレアス
  • 問い合わせ・申し込み先:森のムッレあいち 担当者 ルンドベリ 由里
  • 受講申し込み:メールフォーム(ウェブサイトより)

参加日、参加者全員のお名前、年齢(学年)性別、ご住所、お電話番号、メールアドレスを、メールフォームにてお送りください。

※応募多数の場合は抽選になります。

※応募締切:202155

ウェブサイトURL https://www.facebook.com/mulle.aichi


★2021年度外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテストの出場者を募集します!!

主催団体:愛知県

外国人県民が自分の思いや考えを日本語で伝える、「外国人県民による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の出場者を募集します。このコンテストに出場して、自分の思いや考えを、日本語で伝えてみませんか。みなさんの応募をお待ちしています。

◆日時:8月21日(土)13001600(予定)

◆場所:愛知県図書館(名古屋市中区三の丸1丁目93)

◆対象: 応募できる人: 県内に在学、在勤または在住する、母語が日本語以外の、2015年4月1日以前に生まれた方(小学1年生以上の年齢)

◆参加費:無料

◆申込: 出場希望者は、原則として学校等所属団体(※)から、400字詰原稿用紙(A4版・縦書き)又はチラシについている応募様式を、郵送又は持参して御応募ください。ただし、複数の団体から重複して応募することはできません。なお、団体に所属していない場合は、個人で応募いただけます。

◆応募期間:2021年4月6日(火)から6月22日(火)(必着)まで

◆問合せ:愛知県 県民文化局 県民生活部 社会活動推進課 多文化共生推進室

460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

TEL:052-954-6138  FAX052-971-8736

E-mail: tabunka@pref.aichi.lg.jp

URL:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/2021speach-contest-boshu.html


◇ 楽しく学んで、楽しく実験! つかめる水をつくろう!
独立行政法人国際協力機構中部センター(JICA中部)


私たちのくらしに欠かすことができない水。
貴重な水資源を守るために、水を大切に使う工夫も必要です。そのために世界ではどんな取り組みが行われているのでしょう。
そして、私たちは何ができるのか、お話を聞いたり実験をしたりしながら考えます。

【プログラム】
・水に関する展示案内ツアー
・水・環境とわたしたちの生活のお話
・つかめる水を作ろう!
日時:6月12日(土) 午前の部➀11:00~12:15、午後の部➁14:00~15:15
場所:JICA中部なごや地球ひろば(名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
対象:小学生以上(ファミリー歓迎)
定員:各回14名(先着/要予約)
参加費:無料 
申込:イベント名、代表者氏名、参加人数、連絡先(Email/TEL)を明記のうえ、6月10日(木)17時00分までに(1)Eメール(jicacbic-annainin2@jica.go.jp)、(2)電話(052-533-0121)、(3)なごや地球ひろばへの来訪、のいずれかの方法でお申し込みください。
◆問合せ:JICA中部なごや地球ひろば TEL: 052-533-0121  ✉jicacbic-annainin2@jica.go.jp


◇ 映画「クロスロード」無料上映会&JICA海外協力隊経験者との座談会
独立行政法人国際協力機構中部センター(JICA中部)


開発途上国に赴き、その国の人々とともに国や地域の発展に協力するJICA海外協力隊。現地の人々や仲間と紡いだドラマを、JICA海外協力隊経験者と一緒に鑑賞しませんか?国際協力に興味のある方、ボランティア活動に興味のある方におすすめのイベントです。
【映画ストーリー】
ボランティアに懐疑的な青年と理想に燃える優等生タイプの青年。二人はお互いに反目しあい、それぞれ悩みながらも現地の人々との交流や活動を通じ成長していく。最後に二人の間に生まれたものは、友情か、それとも--。
【プログラム】
・ 映画上映 
・ JICA海外協力隊経験者との座談会
日時:6月5日(土)13:30~16:30
場所:JICA中部なごや地球ひろば(名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
対象:一般(国際協力に興味のある方、ボランティア活動に興味のある方)
定員:30名(要予約)
参加費:無料 
申込:イベント名、代表者氏名、参加人数、連絡先(Email/TEL)を明記のうえ、6月4日(金)までに、(1)Eメール(jicacbic-annainin2@jica.go.jp)、(2)電話(052-533-0121)、(3)なごや地球ひろばへの来訪、のいずれかの方法でお申し込みください。
問合せ:JICA中部なごや地球ひろば TEL: 052-533-0121  ✉jicacbic-annainin2@jica.go.jp


◇ハンガリーフェスティバルin愛知「ハンガリーの歌声-歴史と音楽」
公益財団法人愛知県国際交流協会国際交流推進事業費補助金補助事業


主催:愛知県ハンガリー友好協会  
後援:駐日ハンガリー大使館・ハンガリー文化センター・日本ハンガリー友好協会・愛知県・名古屋市・(公財)名古屋国際センター・中日新聞社
日程:2021年6月13日(日)13:30~15:15(開場13:00)
会場:名古屋国際センターホール
会費:一般1,000円 会員500円 中学生以下無料
募集人数:先着100名 要申込み

問合せ先:志村 Tel/Fax:0568-76-4347 090-1090-3437

 内容

13:30~13:40 開会のあいさつ
13:40~14:30 講演「1956年のハンガリー革命と難民学生の来日」
講師:山本明代(名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授)
1956年10月にソ連の支配に対してハンガリーの民衆が蜂起した革命が崩壊した後、約20万の人々が国外に逃れました。その直後から欧米諸国を中心にハンガリー難民の受入れと支援の運動が展開し、日本でも難民支援のためのハンガリー救援会が結成されました。今回は、1957年6月に来日したハンガリー難民の学生代表団が日本で行った活動と市民との交流について紹介します。
14:30~15:15 演奏「ハンガリーゆかりの歌曲の調べ」 
ソプラノ中村真紀 ピアノ冨田智容子
曲目 リスト  
わが子よ、私が王であったならば
おお、私がまどろむ時
愛しうる限り愛せ
コダーイ チタール山脈の麓では
レハール  オペレッタ「メリーウィドー」より ヴィリアの歌
リスト  愛の夢
レハール オペレッタ「ジュディッタ」より 熱き口づけ
展 示 ハンガリー刺繍サークルの作品展
ハンガリーの子供たちの絵画展 (セント・モール学園)

NICからのお知らせ

お問い合わせ

Copyright © Nagoya International Center All rights reserved.