名古屋国際センターNIC

こんなときはナビ

色の変更

文字サイズ

こんなときはナビ

こんなときは?ナビ

施設を借りたい

施設を
借りたい

NICの活動に関わりたい

NICの活動に
関わりたい

外国語を勉強したい

外国語を
勉強したい

イベントに参加したい

イベントに
参加したい

ニック・ニュース読者モニターアンケート

ニック・ニュース8月号 読者モニターアンケート

2013.09.01

8月号の内容を見る

Ⅰ P1~2掲載の地球を考える「市民交流から顔の見える関係を~フィリピンフェスティバル・ハンガリーフェスティバルより~」について

  • イベントの報告だけでなく、グループの活動や問題点も書かれていたので勉強になった。
  • 様々な角度から問題点に触れられており、読んでいて興味深かった。実際の参加者の声をもっと載せられると良いのではないかと思います。
  • フィリピンフェスティバルの記事は、在日フィリピン人の問題点が浮き彫りになっていた。心が痛み、ネガティブな気持ち・印象を与える記事だったが、それが事実だ。それに反し、ハンガリーフェスティバルの記事は、文化交流を通じて友好・親善を深めるという理念もあってか前向きな明るい記事でよかった。どちらの記事もそれぞれの国のことを考えさせられる機会となった。
  • フィリピン人は、とても身近な存在。家の隣にも住んでいました。滝リンダさんのようなリーダーシップのある方が、フィリピン人のために働いていることをうれしく思います。
  • イベント開催の度、その国を取り上げるのは深堀する意味でも好ましいです。パンフレット通りでやや安直な感じですが、夏枯れのネタ不足として了としましょう。ところでハンガリーの人は何人暮らしているのですか?フィリピンの人は書いていますよ。フィリピンの方が内容濃いです。ただ、フィリピンの団体は複数あるので一つのみの取材は良いのかはわかりません。不公平かもしれません。
  • 名古屋に在住するフィリピン人の割合に比して彼らの文化についてはあまり知られていないように思われるので、このように文化交流を行うことは良いことだと思います。また、明るい話題だけでなく、彼らが直面している問題という負の側面にも触れていてよかったです。
  • 家族を大切にするというフィリピン人の価値観を身近に実際に感じたことがありませんでしたので、この記事で知り印象的でした。日本の家族を大切にする気持ちはどうなんだろう、とふりかえることができました。

Ⅱ 印象に残った記事について

【NIC多言語スタッフから】

  • 韓国とフィリピンのかき氷のことがわかり、よかった。楽しい記事だった。

【外国につながる子どもたちを支えよう!~NICの取り組みから~】

  • 写真が数枚あった方が目を引いたと思う。
  • P4とP6は類似の内容なのにリンクしていないのは残念です。P4は言いたいことはわかるけど具体性に欠けます。文字だけなのも工夫なしです。事例のあるP6の方が分かりやすいです。

【Let's Shake Out!~「一斉防災訓練」で巨大地震に備える~】

  • 「Drop! Cover! Hold On!」安全行動の1-2-3のイラストはわかりやすかった。この地方で生活・滞在する海外から来日されている方々も日本人も、シェイクアウト訓練にぜひ参加してほしい。

【教育は絶対失うことのない投資~カリナさんの夢への挑戦~】

  • 日本で頑張っている人の話でとても感動しました。また、その前の進学支援と関連があってよかった。
  • このような記事は多く発信すべきだと思いました。教育者、同じ悩みを持つ学生共に役立つと思います。
  • 彼女の苦労の多い人生、とても勉強になります。「絶対にあきらめないこと。」「遅すぎることはありません。」この2つの言葉にとても説得力があり、私の心に残りました。30代になり、諦めかけていた何かを思い出したような気になり、活力がわいてきました。
  • 日本の大学も国際化が進行しているとは言え、まだそれはほんの一部にすぎないのが現状だと思います。加藤さんのように母国との教育制度の違いにより入学を拒まれるということは理不尽であり、日本の大学が真に国際化を目指すならば制度を変えていく必要があると強く感じました。
  • 大学進学を志すも、最初から問題が山積みだったとおっしゃるカリナさん。それでも長い間の努力が報われたこと、うれしく思いました。

【アンテナ】

  • このページは大きくして欲しかったです。NICページがゆったりでANTENNAが窮屈なのはバランス悪いです。

【その他】

  • 裏表紙がいつも通りのパターンで芸なしで残念です。やる気なしですか?8月号は切って貼ったような散漫さが目立ちます。

Ⅲ その他お気づきの点がありましたら、お教えください。(今後取り上げてほしいテーマなど)

  • NIC関連のボランティアや職員の方の働きなど。(特にその時募集しているもの)
  • 今月は8月、夏休みだが、ワクワク楽しい記事がなかった。
  • 今話題のオリンピックなど、アップデートなニュースに関連したことを載せてもいいのではと思います。
  • 以前書いてもらった回答は論点がずれています。NIC PAGEをANTENNA同様3段組みにすればスペースが空き、イベント情報等が増せるのではと提案したのです。8月号編集後記にも記されているとおり未掲載イベントがあるにも関わらず、NIC PAGEがゆったりフォントなのはおかしいです。何故このように格差をつけるのか疑問です。情報量を増やすためにNIC PAGEも3段組みにすべきです。不可能な理由があれば教えてください。
  • 今月号は、多くの記事が興味をそそられるものでした。フェスティバルや一斉防災訓練などの行事報告は必要かと思いますが、その合間にカリナさんの記事のような個人的なお話が読めるといいと思います。


≪ご質問・ご提案に対する回答≫

【愛知県の在住ハンガリー人の数】
2011年12月末の愛知県多文化共生推進室の調べによれば、愛知県内のハンガリー人の数は24人です。

【アンテナ欄について】
ANTENNA欄のイベントは主に主催団体からの掲載依頼にもとづいて掲載しています。掲載希望月の前々月の20日が締め切りのため、未掲載のイベントのほとんどは掲載スペースの不足によるものではなく、情報提供が入稿期限に間に合わなかったものです。入稿時点で、ANTENNA欄の誌面が埋まらないこともあります(1ページを超えることはほとんどありません)。その後機関誌完成までに多くの依頼が来ることもありますが、行程上紙面掲載ができないためホームページへの掲載としています。3段組みが不可能ということではありませんが、様々なご意見がありますので当面は現状のままとさせていただきたいと考えています。ご提案はご意見として承っておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

NICからのお知らせ

お問い合わせ

Copyright © Nagoya International Center All rights reserved.